中部地方の最強パワースポットを厳選紹介

スポンサード リンク

古代の霊的覚醒者が聖地の礎を築いている

天照大御神様は、第十一代垂仁天皇の御代に、伊勢の地にお遷りになりました。
その後、第二十一代雄略天皇の御代に、
豊受大神様も、伊勢の外宮にお遷りになり、現在の伊勢の内宮と外宮の形式になりました。


伊勢神宮は、日本有数のパワースポットです。
伊勢には、太陽新界の主祭神であるアマテラスオオミカミが鎮座します。


惑星の霊魂ともいうべき神霊の存在は、地球神ガイアなどの思想でも知られます。
神道では地球の魂をスサノオノミコトと申し上げ、月はツキヨミノミコトです。
そして太陽はアマテラスオオオミカミです。
このようにすべての惑星や恒星には、意識体が宿り、星の霊魂と呼んでもよい存在がいらっしゃいます。


この考え方はスウェデンボルグや神智学でもみられ、神道的な宇宙観だけのものではありません。
古代ギリシャでは星座の神霊を想定していました。
これも、古代人が神霊界の実相を知っていた証拠とも考えられます。


伊勢は、太陽新界の働きなので開運、総合的な発展運、
現世での名誉や地位といったこの世の宝を実現させてくれます。
日本人ならば、ぜひ伊勢神宮にお参りしましょう。


パワースポットという言葉が多くの日本国民に知られるようになってきました。
雑誌の特集でもしばしば見かけます。
パワースポットという言葉は新しいものかもしれませんが、その意味するところは、古来からあったものです。
日本の場合、このパワースポットを創設した方が、はっきりしています。
それは役小角(えんのおずぬ)です。奈良時代の人で、修験道の始祖です。


学問的にも、葛木山を本拠地とする役小角なる呪術者、
いまでいうサイキックが存在したのはまず間違いのない史実と考えられています。
『続日本紀』では、文武天皇3年(699年)5月24日に、役小角が伊豆島に流されたと記録しています。


役小角は葛木山(金剛山・葛城山)で弟子を育成して、教えを説いていましたが、
弟子の一人の讒言によって、世をまどわすものとして伊豆に流されました。
この役小角が、日本中の霊山、聖地を周遊して、その地に祈祷のための場を設けていき、
それが後に神社や寺になっていると言われています。


役小角は、古代において栄えていた霊山が廃れているのを霊的感性により、見出し、
それを復活させて、今日のパワースポットの基を開いたのです。
もちろん、そのほかにもさらに古い時代から残されているパワースポットもたくさんありますし、
白山を開いた泰澄など、他にも功労者が多数います。


日本の聖地は、人々を救済し、国家の平安を祈り続けた、こうした古代のサイキック達の、
衆生への愛の精華として、私達日本国民に残された遺産なのです。


パワースポットの秘密



 






スポンサード リンク






※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

パワースポットのルーツ関連ページ

パワースポットの秘密
中部地方のパワースポットは数多いですが、その中でも本物の最強神域だけを厳選紹介しました。弊害の多いところは排しています。
生まれ変わりと死後の世界
中部地方のパワースポットは数多いですが、その中でも本物の最強神域だけを厳選紹介しました。弊害の多いところは排しています。
神社と日本文化
神社に詳しくなることは日本文化に詳しくなることでもあります。失われつつある日本の伝統文化を守ることは大切です。
安全な参拝のやり方
神社に参拝する時には注意すべきことも多々あります。知っているのといないのとでは大きな差が出ます。
古事記の教えと日本文化
古事記の中に伝わる日本神話の教えの中には日本文化の根源となっているものがたくさんあります。
日本建国の由来
日本の建国は神武天皇の東征に始まります。
神棚の祀り方
神棚の祀り方を正確に知っている人は意外に少ないようです。
パワスポ秘密の奥義とは?
究極の開運力はこうして引き出す。パワスポ活用の極秘マニュアル。
神社参拝で良縁祈願する方法
神社参拝で良縁祈願するときの方法を 教えてください。
神社で日本と皇室の弥栄を祈る
神社に詣でたら日本国の弥栄とあわせて皇位継承が男系継承を維持して伝統にのっとって守られるように国民が心を合わせて祈りましょう。
伊勢はすべての神社の頂点
日本最高のパワースポットである伊勢神宮はすべての神社の頂点に位置します。パワースポットで開運するための秘訣として伊勢神宮の神様とのご縁は必須です。